決算対策や退職金対策に生命保険を活用するお話しを聞かれた事がある社長様は多いかと思いますが、今回は今までと全く違った法人向け生命保険の仕組みをご紹介します。

突然ですが、

社長に万が一のことが起きた場合、会社はどうなりますか?

中小企業の場合、会社の代表である社長がトップ営業マンであることも多いです。

その社長が病気で倒れてしまったら・・・

もちろん従業員の皆様が頑張ってくださいますよね。

ですが、今の売上・利益を全額カバーすることは可能でしょうか?

売上低下・生産性ダウン・競合社の攻勢等、社長不在による混乱が想定されます。

そんな困った時に活躍してくれる保障があったらいいと思いませんか?

 

弊社の取扱い商品の中には、死亡や高度障害はもちろん、がん、心筋梗塞、脳卒中等、病気や介護状態で働けない場合に毎月給付金を受け取れる仕組みがあるんです!!

この毎月の保険金を社員給与、賃料、仕入資金等に充当したり、売上減少による減益を補填することで、事業経営を安定させることが出来ます。

法人で加入すれば、保険料は全額損金算入することが出来ます。

就業不能状態への備えは万全ですか?

社長に何かあった時に、会社を守る仕組み作りをしませんか?

詳しい保険商品の内容や保険料に関しては、弊社へお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加