法人保険の見直しでより良い保障を。

企業が法人保険に加入する目的は多種多様です。
しかし、法人保険に勧められるがままに加入してみたはいいが、どのような契約内容だったか忘れていたり、必要のない保障や特約をつけすぎていたり訳が分からなくなっているという方が多いのが実情です。法人保険は経営者に万が一のことがあった場合や、就業不能状態時の事業保障、事故や災害、従業員の福利厚生など、経営者にとって重要な保険になります。

<法人保険を見直すことによって…>

◍余分に支払っていた保険料の減額
必要でない保険は解約を行うことにより、重複していたり不要な保障を削ることで保険料を安くできる可能性があります。

◍事業継続計画の見直し
保険加入時に想定していた事業計画から、予定通りにいかないこともあります。
たとえば赤字になった場合でも、保険は次のような使い方が出来ます。
・赤字状態など経営に波が出た場合、保険を解約し運転資金に充てる
・無駄な保険を解約することで、その時点での解約返戻金が入る
・加入保険を最適化することにより、毎年支払う保険料が下がりキャッシュフローが改善する
どの保険をいつ解約し退職金に充てるのかなど、事業継続計画を再検討することにより保険の有効活用ができることでしょう。

<保険の見直しが必要かどうかを見極めるには?>

◍現在加入している保険の項目をリストアップ
・支払っている保険料
・保障期間
・保障内容
・保険金受取人
などの項目を洗い出すと比較しやすくなります。

◍会社にデメリットのある保険はないか
リストアップしたなかで、不要な保険に加入していないかを確認してみてください。
例えば、
・保険料が割高
・全く必要ない保障内容
・加入目的と合致していないもの
など。

◍不要なものは解約の検討をする
そのなかで不要な保険は解約や不要な保障を削って契約内容の変更を行うとよいでしょう。

ただし、むやみに解約をしてしまうと損をしてしまう可能性もありますので、
検討したい方は一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

法人保険を見直すことにより、不要な保険や保障など無駄を省くことで保険料を安くできるメリットがあります。
また、事業継続計画に本当に必要な保障を残していく〝保険本来の役割〟が見えてきます。
これを機会に、法人保険の見直しを検討してみてはいかがでしょうか。
ご不明な点がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

法人保険

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加